大島観光協会

管理人親爺の徒然日記

2021年03月16日

令和3年 桜情報no2 春の主役! ソメイヨシノが開花

「ソメイヨシノ」は上大島キャンプ場の桜の中でも代表的な桜です。

今年は、昨年より2日早く3月16日に咲き出しました。

これから4月上旬ころまで皆さんの行楽のお供をいたします。

ただ3月21日まではキャンプ場が閉鎖されており、

桜を愛でながらBBQを楽しむというのはもう少し我慢しなければなりませんが、

さしあたっては散策路をそぞろ歩きで楽しんでください。

緊急事態宣言解除後には「見頃」を迎えられそうです。

例年ご好評をいただいている夜間ライトアップは、

今年は残念ながらコロナ禍で実施しません。

付近は自然環境が良いせいか「ウグイスやメジロ」もいい声でさえずり、

春をさらに演出しています。

トピックですが、ソメイヨシノの中でも珍しい

「里帰り桜=咢堂桜」もご覧いただけます。

これは津久井・又野出身の政治家、尾崎咢堂(本名=行雄)が

東京市長時代(1912年)に米国ワシントンÐⅭのポトマック公園に寄付した

桜から穂木した孫樹にあたります。まだ幼木なので花は数年後には来場者の目を

楽しませてくれるはずです。管理事務所の横ほかにあります。

第4駐車場付近では「大漁桜」も見られます。ソメイヨシノの前に開花しますが、

幼木なので数年後に花は期待できます。

当キャンプ場では今後、これらを大事に見守っていきたいと考えています。

コロナ禍でも桜たちは花を咲かせ、力強く新芽の息吹が聞こえてきます。

どうぞ今年は、新型コロナウィルス感染症に充分注意のうえ、

静かにお花見をお楽しみください。

以上

[管理人親爺の徒然日記 ] 03月16日 22:33

最近の日記一覧

2021.06.09
2021.05.01
2021.04.17
2021.03.28
2021.03.16
2021.02.02

月別日記一覧