大島観光協会

管理人親爺の徒然日記

2021年11月24日

ジンダイアケボノ桜が仲間入り!

その名前は「神代アケボノ」、さがみはら桜守りの会から頂戴し、上大島キャンプ場

の相模川に沿った上流部に、同会と大島観光協会メンバーで過日、植樹しました。

この桜はソメイヨシノに似ていますが、花弁はピンク色が少し濃く、全体的に鮮やかです。

開花時期はソメイヨシノよりわずかに早い、3月下旬頃です。

ソメイヨシノよりてんぐ巣病にかかりにくく、今後の代替品種になりうるものです。

品種発見経緯は、1912年、当時東京市長の尾崎行雄(咢堂)はソメイヨシノを米国に

送り、そのソメイヨシノと別品種の交雑により「Akebono(アケボノ)」が生まれ、

これが逆輸入され、この桜を神代植物園で接ぎ木し、育てていたところ、Akebonoと

は異なる特徴の花をつけたという。これが「神代アケボノ」という名前に命名。

先輩サクラには河津桜、大漁桜、ソメイヨシノ、大島桜など植樹され、

そして新人!?「神代サクラ」が仲間入り、ご利用の皆さんを大いに歓迎します!

植穴の整備

客土作業

植え付け後

さがみはら桜守りの会メンバー

[管理人親爺の徒然日記 ] 11月24日 23:28

最近の日記一覧

2021.12.01
2021.11.24
2021.09.18
2021.09.06
2021.08.30
2021.08.06

月別日記一覧