大島観光協会

管理人親爺の徒然日記

2021年12月01日

トワエライト相模原・新しいキャンプの形をトライアル!

平日、勤務帰りの夕刻を「新しい過ごし方のキャンプスタイルで」をコンセプトに

都心から1時間ほどで到着でき、交通アクセスの至極便利な上大島キャンプ場で

「トワエライト相模原・モニターツアー」が11月19日、26日に実施されました。

市の観光・シティプロモーション課と市観光協会の主催で、キャンプ場休止期間中

ではありますが、特別な計らいで、花の金曜日の夕刻17時~21時の間に

トライアルとして実施されたものです。

密集・密接が発生しないよう数メートルの間隔を保ち、テントやターブを設営。

夕闇迫るたそがれ刻を、専門家から焚き火の講習を受け、炎とランタンの灯りで

”静寂・寡黙にコーヒーを飲みながら一人くつろぐ者あり、はたまた

ペアで静かに炎を見つめ、将来を展望するカップルあり。グループでは趣味や

リモート授業・ワークのこと? など、それぞれの愉しみ方をしているようでした。

夕闇の中でまじかに相模川の清流のせせらぎを聴き、山のシルエットをバックにした

七色の炎は素晴らしかったです。

市では今後、この結果を分析し、第2ステップの実行を検討するようです。

乞うご期待!!

トワイライト相模原のロゴマーク(引用先:相模原市観光協会)

点火前の木組み(焚き火台を使用)

アートファイヤーで幻想的炎

川崎と千葉からも参加 気温10度でも、炎と彼氏で温かい!

グループで参加 

 

 

[管理人親爺の徒然日記 ] 12月01日 21:03
2021年11月24日

ジンダイアケボノ桜が仲間入り!

その名前は「神代アケボノ」、さがみはら桜守りの会から頂戴し、上大島キャンプ場

の相模川に沿った上流部に、同会と大島観光協会メンバーで過日、植樹しました。

この桜はソメイヨシノに似ていますが、花弁はピンク色が少し濃く、全体的に鮮やかです。

開花時期はソメイヨシノよりわずかに早い、3月下旬頃です。

ソメイヨシノよりてんぐ巣病にかかりにくく、今後の代替品種になりうるものです。

品種発見経緯は、1912年、当時東京市長の尾崎行雄(咢堂)はソメイヨシノを米国に

送り、そのソメイヨシノと別品種の交雑により「Akebono(アケボノ)」が生まれ、

これが逆輸入され、この桜を神代植物園で接ぎ木し、育てていたところ、Akebonoと

は異なる特徴の花をつけたという。これが「神代アケボノ」という名前に命名。

先輩サクラには河津桜、大漁桜、ソメイヨシノ、大島桜など植樹され、

そして新人!?「神代サクラ」が仲間入り、ご利用の皆さんを大いに歓迎します!

植穴の整備

客土作業

植え付け後

さがみはら桜守りの会メンバー

[管理人親爺の徒然日記 ] 11月24日 23:28
2021年09月18日

令和3年・秋の装い!

9月も中旬を過ぎますと、キャンプ場周辺も秋の装いに拍車がかかります。この花

「ヒガンバナ」が咲くことで、その雰囲気を一段と盛り上げてくれます。キャンプ

サイトに沿った土手に一斉に咲き始め。また、リニア中央新幹線工事エリアから

移植したものも元気に咲きだしました。BBQなどを楽しむのはもう少し先です。

幼稚園生制作の「アマビエさん」、稲を守り、新型コロナが早く収束するよう

お祈りください! お願いしま~す!                                                      

管理事務所脇リニア工事現場から移植したヒガンバナ

幼稚園生制作の「アマビエ」

 

 

[管理人親爺の徒然日記 ] 09月18日 15:57
2021年09月06日

相模女子大生のキャンプ場体験記①

大島観光協会では、6年前より相模女子大学・小泉ゼミの学生さんたちと交流を

させていただき、若い目線からの的確なアドバイスを改善に結び付けてきました。

今回、学生のキャンプ場体験記を初めて徒然日記で紹介いたします。ご覧ください。

(なお、体験はキャンプ場閉鎖期間前に実施したものです。)

「令和3年7月15日に私達、小泉ゼミ生は上大島キャンプ場でBBQと

散策をさせていただきました。

当日は、雲行きが怪しく実施について気がかりでしたが、私たちの日ごろの行いが

良かったせいか(?笑 )上大島キャンプ場周辺を満喫することができました。

強い日差しが照り付ける中、相模川対岸の山並みを眺めつつ、松や桜の大木に

囲まれた素晴らしい自然と触れ合いながらBBQを行い、メンバーにとって

かけがえのない特別な思い出となりました。

大島観光協会の方が用意して下さった愛情のこもったスイカは格別でした。

BBQの後は、古民家園や自然の村公園を散策し、日本古来の建築技術に感嘆し、

雄大な公園の中では身近な自然に触れ合うことができました。

貴重な機会をいただき、今まで知らなかった自然の知識が身につきました。

心暖かい大島観光協会の方々に囲まれて行うこのキャンプ場で、より多くの方々に

上大島の魅力に触れながら特別な思い出を体験していただきたいです。」

以上

 

 

[管理人親爺の徒然日記 ] 09月06日 15:31
2021年08月30日

ある日のキャンプ場のひとコマ

ただいま当キャンプ場は閉鎖期間中ですが、

新型コロナ感染拡大「まん延防止特別措置期間中」の、ある日のひとコマを

切り抜きました。

たくさんあるアウトドアライフの楽しみ方の中から。その一部をご紹介します。

まず、何をおいてもBBQで腹ごしらえ。「レンタルコンロセット」を運搬台車で

運び入れ、肉や野菜などで、おなかを満たします。

おなかが満たせば眠くなり「ハンモックで休息」スヤスヤ、ぼくとクマさんは

あ~と~で!。

目が覚めれば「読書にふけり」黙々と。

運動不足解消の一助に「スラックライン」でバランス感覚を養い」ユ~ラユ~ラ。

「モルック」というゲームはフィンランド発。ヨーロッパ人気NO1、木柱倒し?

スラックライン同様、老若男女問わず楽しめるとか。

なお、この写真は、それぞれのグループの許可を得て撮影したものです。

一日も早く閉鎖期間が明けるのを、皆さんとともに首を長くして待っています。

 

[管理人親爺の徒然日記 ] 08月30日 10:22
2021年08月06日

キャンプ場を一時閉鎖します!

上大島キャンプ場では8月5日まで入場制限し、新型コロナ対策をしながらも

お客様に自然を満喫してもらえるよう配慮しているところです。

8月2日に神奈川県を含む4府県に緊急事態宣言が発令され、市営である

当施設も、6日から閉鎖措置いたしました。31日(火)までの措置です。

ロープを張り、閉鎖表示のプレートを掲げ、約3万平米の敷地に入場規制を

設けました。

8月は夏休みやお盆休暇で一番予約者が集中する時期でもあり、これから早急

に予約者へ予約取り消し電話を差し上げるところです。

閑話休題:4月にリニア新幹線工事エリアから移植した「彼岸花」のうち3株が、

なんと!この時期に花を咲かせています。写真でご紹介します。

もちろん9月にも一斉に満開になるはずです。

 

 

 

 

[管理人親爺の徒然日記 ] 08月06日 22:21

最近の日記一覧

2021.12.01
2021.11.24
2021.09.18
2021.09.06
2021.08.30
2021.08.06

月別日記一覧

1 2 3 9