大島観光協会

管理人親爺の徒然日記

2022年03月28日

桜前線 No,3 ソメイヨシノ満開🌸🌸🌸

ソメイヨシノが28日、満開となりました。21日に開花したと思いきや、数日前

からの暖かい陽気にさそわれ、一気に満開を迎えました。

これから1週間は春爛漫を満喫できることになるでしょう。

先日あるテレビのクイズ番組で、「川などの堤防にはなぜ桜などが植えられているか?」。

正解は、「人が集まることにより、堤防を踏み固めてもらい、堤防決壊予防になる

ため」だそうです。

今私たちは、大勢の利用者がテントを広げたり、BBQをしたりして、そんな重要な

ことを考えずに楽しんでいますよね!(皆さん、とても良いことをしているんです!)

トピックですが!、当キャンプ場中央広場にある「里帰り桜(ソメイヨシノ)=孫樹」

が、いよいよ咲き出しました🌸。穂木を接ぎ木し、約5年後の開花です。

「里帰り桜」の由来は銘板に記載の通りです。

第2駐車場横付近

中央広場エリアから松林エリアを見る

相模川自然の村公園展望台から上大島キャンプ場(南広場エリア)を見おろす

「里帰り桜」(ソメイヨシノ)=米国・ワシントンポトマック河畔へ寄贈した桜の孫樹

背景は津久井城があった城山(尾崎行雄のご先祖はこの城の家臣)

[管理人親爺の徒然日記 ] 03月28日 21:29
2022年03月22日

令和4年 桜前線 No,3 ソメイヨシノ🌸開花!

管理事務所前の標本木のソメイヨシノが、昨年より約1週間早く、開花しました。

待ちかねたキャンパーが、色とりどりのタープの華も咲かせています🎪

なんといってもソメイヨシノは桜の主役ですからね!これから1~2週間は、

桜天国が満喫できます🌸

ご好評の「おおさわ桜まつり」は、昨年に引き続き、新型コロナウイルス感染予防

の観点から中止になりました。なお、「まん延防止等特別措置」は21日に解除

され、入場制限等が従来に戻りますので、ご家族やグループ等で桜を愛でられる

よう、お待ちしております。

ところで、河津桜の現在は満開を過ぎ、花びらは相当散ってはしまいましたが

若葉が開き始め、ピンクとわかば色の取り合わせで、これも見ごたえがあります。

ソメイヨシノが開花(令和4年3月21日)

ターブや日帰りテントなどの華も咲き出す。左手前はソメイヨシノ標本木、右は若葉がきれいな河津桜標本木。

散策路を散歩する家族

[管理人親爺の徒然日記 ] 03月22日 14:54
2022年03月04日

令和4年 桜前線No,2 河津桜見頃🌸

3月1日、上大島キャンプ場は今年の開幕を迎えました!

当地の西側にそびえています丹沢の峰々は雪化粧が濃く、今までにない雰囲気を醸

し出しており、この時期、ここを目指しているキャンパーは、遠くにこの風景が目に

飛び込んでくることが感じとれると思います。

そんな中、平年より2週間程度遅れていた河津桜は、いよいよ見頃を迎えています🌸

半数ほどはまだつぼみが多いですが、日当たりのよい桜木はほぼ満開です🌸

これに誘われて、メジロなどが花の蜜を吸いにやってきて、盛んにさえずっています🐤

また、グループや個人の多くの通行人が、桜を愛でながら散歩を楽しんでいます。

新型コロナウイルス感染拡大防止対策に万全を期して取り組んでおりますので、

どうぞ、皆様方のお越しをお待ちしております_(._.)_

<ほぼ満開の河津桜>

<管理事務所前の標本木は三分咲き>

<河津桜を愛でながら散歩を楽しむ通行人>

[管理人親爺の徒然日記 ] 03月04日 09:23
2022年02月17日

令和4年 桜前線 No,1 「河津桜」開花🌸

上大島キャンプ場の桜前線を報告します!

2月中旬になり、この辺りでは最も早い河津桜が開花しました。

昨年より半月ほど遅いのですが14日、25本あるうちの数本で、数輪の美しい

ピンクの花が開き始めました。🌸

写真は、管理事務所脇の自称,「河津桜の標本木」としているものです。他の河津桜も

数輪咲き出したものや、大きなつぼみが「今咲かん!」と準備中です。

河津桜は、大島桜に寒緋桜を交配した種類で、花の色もひときわ目立ち、春を待ち

わびる私たちには、コロナ禍においても"ほんわか"と温もりや、安らぎを感じます。

これから4月初旬まで数種類の桜が、春爛漫を演出していきます🌸

都度、桜前線をご報告いたしますので、お楽しみに!

キャンプ場は3月1日から再開され、人数制限などは継続しますが、新型コロナ

ウイルス対策に万全を喫して準備しますので、ご来場をお待ちしております。

<咲き始めた河津桜標本木。ピンク色が美しい!>

<河津桜標本木>

<第4駐車場付近の河津桜>

<第4駐車場付近の河津桜並木>

[管理人親爺の徒然日記 ] 02月17日 07:40
2021年12月20日

古代式 火おこし体験 点火成功! (大沢地区子連)

大沢地区子供会連絡協議会(相模原市)では年間行事の一つとして、「ウインター

・デイキャンプ」を12月18日(土)、休止中の上大島キャンプ場の南広場で特別

許可を得て開催されました。

快晴に恵まれたこの日、大沢地区の子供たち約30人が集合。活動の一つで“古代式

”火おこし” を体験。相模原市観光マイスターの吉澤紀元さん(=大島観光協会会員)

指導の下、火おこしの歴史・種類などを説明・実演の後、会員と子供ら

で周囲の手拍子をもらい、呼吸を合わせ「きり弓」を30~40回上下させ、「木同士を

すり合わせ」、すると、ようやく煙が発生、「火種」が出来ました。これを

「麻わた」にこぼし、点火成功! イエーイ! 拍手が沸き上がりました。

これを薪に点火し、やかんのお湯を沸かしました。

子供たちは縄文時代・古代の一端に触れ、「火の点火までの努力や大切さ」を知り、

満足な一日を楽しんだ様子でした。

 デイキャンプの立看板

 模範実演

 呼吸を合わせ「きり弓」を上手に上下

 私もチャレンジ!

 「火種」を「麻わた」に移し、点火成功。たき火に移しお湯を沸かす、 イエーイ!

[管理人親爺の徒然日記 ] 12月20日 21:35
2021年12月01日

トワイライト相模原・新しいキャンプの形をトライアル!

平日、勤務帰りの夕刻を「新しい過ごし方のキャンプスタイルで」をコンセプトに

都心から1時間ほどで到着でき、交通アクセスの至極便利な上大島キャンプ場で

「トワイライト相模原・モニターツアー」が11月19日、26日に実施されました。

市の観光・シティプロモーション課と市観光協会の主催で、キャンプ場休止期間中

ではありますが、特別な計らいで、花の金曜日の夕刻17時~21時の間に

トライアルとして実施されたものです。

密集・密接が発生しないよう数メートルの間隔を保ち、テントやターブを設営。

夕闇迫るたそがれ刻を、専門家から焚き火の講習を受け、炎とランタンの灯りで

”静寂・寡黙にコーヒーを飲みながら一人くつろぐ者あり、はたまた

ペアで静かに炎を見つめ、将来を展望するカップルあり。グループでは趣味や

リモート授業・ワークのこと? など、それぞれの愉しみ方をしているようでした。

夕闇の中でまじかに相模川の清流のせせらぎを聴き、山のシルエットをバックにした

七色の炎は素晴らしかったです。

市では今後、この結果を分析し、第2ステップの実行を検討するようです。

乞うご期待!!

トワイライト相模原のロゴマーク(引用先:相模原市観光協会)

点火前の木組み(焚き火台を使用)

アートファイヤーで幻想的炎

川崎と千葉からも参加 気温10度でも、炎と彼氏で温かい!

グループで参加 

 

 

[管理人親爺の徒然日記 ] 12月01日 21:03

最近の日記一覧

2022.03.28
2022.03.22
2022.03.04
2022.02.17
2021.12.20
2021.12.01

月別日記一覧

1 2 3 10