大島観光協会

管理人親爺の徒然日記

2021年07月14日

夏本番に向けて!

今年は、梅雨時期途中での中休みとした「晴れ間」がなかったような気がしますね!

それでも雑草の伸びは容赦しません。しかし、もうじき梅雨明けで、夏本番です!

上大島キャンプ場ではこれに備え、キャンプ場周辺に繁茂した雑草などの「刈り込

み」と、夏の代表花{ひまわり」の植栽をしました。

会長の挨拶・作業安全の指示。作業責任者の役割配分の後「雑草刈り込み」

「生垣バリカン刈り」「ひまわり植え付け」の3班に分かれ作業開始。

おおよそ3時間で完了。来場者の気持ちをスッキリさせ、安らげる環境

づくりをしました。「ひまわり」共々みなさんをおまちしております。

上大島キャンプ場周辺は冷涼な自然が残されています。このため「ウグイスやシジュウ

カラ」などのさえずりがこの時期でも絶えません。ぜひ耳を澄ましてお聞きください!

 

 

[管理人親爺の徒然日記 ] 07月14日 22:46
2021年06月09日

梅雨前の緑地環境の整備

例年であればすでに梅雨入りしている当地ですが、今年はゆっくりのよう

です。そこで上大島キャンプ場では、「桜の手入れ」と梅雨時期の代表種

「あじさい」を植え、緑地環境向上に取り組みました。

桜は “桜守りの会” 有志8名が7日に、専門知識を有している方の指導で、

新人や女性も加わり、樹形整え作業と同時に、ワゴン車などの車高の

ものにあたる枝、病気枝、枯れ枝などの剪定・整枝をしていただきま

した。おかげさまでスッキリした樹形に仕上がりました。

アジサイは “まち・みどり公社”から今年も10株頂戴し、大島観光協会会員

の手で、キャンプ場上流部の低木の少ない地域に植え付け、アジサイ

区域を拡大することができました。

これにより、当地は “キャンプ” のみならず、“憩いの場" としてより快適な

空間演出することができました。

両組織のご厚意に対し、この場をお借りしまして厚く御礼申し上げます。

ありがとうございます。

[管理人親爺の徒然日記 ] 06月09日 16:53
2021年05月01日

安全・安心に加え「スムース」に利用できることを願って!

上大島キャンプ場では、コロナ禍でも利用者様に安心して安全に

ご利用いただけるよう、新型コロナウイルス対策に取り組んできました.

利用者様間のソーシャルディスタンスの確保や

職員との接触の機会をできるだけ削減することも実施してきました。

現在は、ご来場中の利用者様への「コロナ対策マナー喚起ポスター掲示」

などにも取り組んでおります。

この度、さらに改善を図りましたのでご紹介します。

1,受付前:除菌スプレーはハンディタイプから「足踏み式」に。

2,検温方法:ハンディ測定器から「自動検温測定器」へ。規定値以内なら入場。

3,受付カウンター前の透明カーテン更新:透明度が高く、応対しやすく。

4,申請書記入時のボールペン:「除菌」しやすい形のものに。

5,場内巡回時:「マナー喚起ポスター」の掲示と話しかけ。

6,その他:炊事場・トイレなどは定時の除菌の他、

「ハンディ除菌スプレーを常備」、自販機も丁寧に除菌。

私どもは今後とも利用者様のキャンプライフを、

少しでも心地よく過ごせるように努力してまいります。
img class="alignnone size-full wp-image-1647" src="http://www.oshima-sagami.com/sbd/wp-content/uploads/IMG_6608-3.jpg" alt="" width="471" height="1588" />

[管理人親爺の徒然日記 ] 05月01日 15:59
2021年04月17日

小倉地区の彼岸花をキャンプ場に移植しました

リニア中央新幹線は、上大島キャンプ場直近を流れる相模川上流で、

神奈川県で唯一地上を走行する場所が相模原市緑区の小倉地区です。

小倉地区の工事現場周辺に群生し、工事により近々埋没する見込みの

彼岸花、約600個の球根をこのほど小倉地区の方々のご厚意により

譲り受けることになりました。

早速この球根を4月12日に大島観光協会会員の手で、

管理事務所近辺の土手、約200平米に植え付けました。

相模川上流域の大島・向原・小倉・葉山島地区では地元住民により

この地域に多くの方々にご来場いただけるよう観光資源を育成しながら

事業を行ってきました。今回は小倉地区と大島地区を彼岸花の

「嫁入り」を通じて「橋渡し」した意義もあります。

上大島キャンプ場は、春の桜、初夏のアジサイ、秋の彼岸花と

四季折々の花がお楽しみいただける「花の園」になります。

今回植栽した彼岸花も秋にはさっそく花を咲かせることでしょう。

どうぞ花を愛でながら、当分の間は静寂な上大島キャンプ場をお楽しみください。

[管理人親爺の徒然日記 ] 04月17日 11:10
2021年03月28日

令和3年 桜情報NO3 ”満開の桜”

3月16日に開花、28日に”満開”を迎えました上大島キャンプ場の桜たち!

ソメイヨシノを中心に大島桜、寒緋桜などが春爛漫を演出しています。

ここで上大島キャンプ場の桜の分布を紹介します。

30,000平米という広大な敷地に相模川に沿って並行に開設されており、

まず上流部の”松林エリア”には、主にソメイヨシノが列植されています。

次に”中央広場”は、同じくソメイヨシノの広いエリアが展開され、

BBQや子供が走り回れる場所になっています。

そして下流部の”南広場”はソメイヨシノ、大島桜、寒緋桜が咲き乱れ、

春本番を満喫できることと思います。

桜の花の下で、”テントの花”も満開です。

今年は、どうぞ静かな中でのお花見を堪能してください。

[管理人親爺の徒然日記 ] 03月28日 10:49
2021年03月16日

令和3年 桜情報no2 春の主役! ソメイヨシノが開花

「ソメイヨシノ」は上大島キャンプ場の桜の中でも代表的な桜です。

今年は、昨年より2日早く3月16日に咲き出しました。

これから4月上旬ころまで皆さんの行楽のお供をいたします。

ただ3月21日まではキャンプ場が閉鎖されており、

桜を愛でながらBBQを楽しむというのはもう少し我慢しなければなりませんが、

さしあたっては散策路をそぞろ歩きで楽しんでください。

緊急事態宣言解除後には「見頃」を迎えられそうです。

例年ご好評をいただいている夜間ライトアップは、

今年は残念ながらコロナ禍で実施しません。

付近は自然環境が良いせいか「ウグイスやメジロ」もいい声でさえずり、

春をさらに演出しています。

トピックですが、ソメイヨシノの中でも珍しい

「里帰り桜=咢堂桜」もご覧いただけます。

これは津久井・又野出身の政治家、尾崎咢堂(本名=行雄)が

東京市長時代(1912年)に米国ワシントンÐⅭのポトマック公園に寄付した

桜から穂木した孫樹にあたります。まだ幼木なので花は数年後には来場者の目を

楽しませてくれるはずです。管理事務所の横ほかにあります。

第4駐車場付近では「大漁桜」も見られます。ソメイヨシノの前に開花しますが、

幼木なので数年後に花は期待できます。

当キャンプ場では今後、これらを大事に見守っていきたいと考えています。

コロナ禍でも桜たちは花を咲かせ、力強く新芽の息吹が聞こえてきます。

どうぞ今年は、新型コロナウィルス感染症に充分注意のうえ、

静かにお花見をお楽しみください。

以上

[管理人親爺の徒然日記 ] 03月16日 22:33

最近の日記一覧

2022.03.28
2022.03.22
2022.03.04
2022.02.17
2021.12.20
2021.12.01

月別日記一覧